読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Raspberry PI + Windows 10 IoT + C#でLチカ

Raspberry PIでLチカします。

LチカとはLEDをチカチカ点滅させることで、Hello Worldに相当するエンベデッド系で最初に作成するプログラムです。

今回はRaspberry PIのGPIOにLEDを接続してGUIからLEDを点灯消灯できるプログラムを作成します。

GPIOとはGeneral Purpose Input/Output(汎用入出力)の略でデジタル信号の入出力を行うことができます。

必要な物
  • Windows 10 IoTインストール済みRaspbery PI、VS2015開発環境
  • LED(とりあえず赤か緑を推奨。白や青は電圧が足りず使用できない可能性があります)
  • 抵抗(LEDの仕様で抵抗値を決めますがとりあえず100~400Ωくらいなら動くと思います)
  • ブレッドボード、ジャンパワイヤー(オス-メス)2本
LEDの接続

Raspberry PI 2のGPIO0~4は別の機能と共有になっているため今回はGPIO5を使用します。

Raspberry Pi 2 Model B GPIO 40 Pin Block Pinout | element14

GPIO5,LED,抵抗,GNDを直列につなぎます。LEDは極性があるので注意が必要です。長い方が+です。

f:id:Hotspring:20150520110125j:plain

プログラム作成
  1. Windows Universal のBlank Appプロジェクトを作成します。
  2. GPIO制御のためWindows IoT Extension SDKの参照設定を追加します。Windows Universalの拡張の中にあります。
    f:id:Hotspring:20150513002842p:plain
  3. MainPage.xaml にボタンを2つ追加します。

  4. MainPage.xaml.csを記述
    GPIOの制御にはWindows.Devices.Gpio名前空間のクラスを使用します。
    GpioController.GetDefaultでGpioControllerを取得し、OpenPinで制御したいピンを開きます。
    SetDriveModeでOutputモードに設定すればGPIOの出力ができるようになります。

実行すると画面にON/OFFの2つのボタンが表示されLEDを制御することができます。

 

f:id:Hotspring:20150512210149j:plain

本日のプログラム Lchika.zip